【即解決】入社1年目の絶えない悩みを解決する方法

入社1年目は人間関係・仕事内容などあらゆる悩みが絶えないでしょう。

「できない自分がいけないんだ」
我慢していませんか?

 

そんな方に、下記の4つを紹介します。

 

・1年目の仕事が大変な理由
・仕事の辛さを乗り越える方法
・大事にすべき心構え
・ストレス発散方法

入社1年目の仕事が大変な5つの理由

 

社会人1年目は学生生活と比べてしまい、ストレスを感じてしまうことが多いでしょう。実際、どんなことに大変さを感じているのでしょうか。

 

・生活リズムに慣れない
・研修がつまらない
・職場の人間関係の築き方がわからない
・雑用が多い
・注目される

生活リズムに慣れない

学生と社会人の大きな違いの1つが、生活リズム。大学時代は授業時間を自分で自由に決めていましたが、社会人は会社によって決められています。

 

大学で授業時間は履修次第。授業によっては「4限始まりで午後から」「週一しか授業がない」ということもあったでしょう。

 

それに比べて社会人は決まったスケジュールが週5日続きます。会社によって朝早いと8:30出社、残業があると20時以降まで残るなんてことも。

 

働き始めて、8時間労働が長く感じる人も多いはず。多くの新卒社員は決められたスケジュールの中で過ごすのが高校生ぶりだと思うので、当然ともいえるでしょう。

研修がつまらない

入社すると大体の会社で行われるのが研修

「仕事が始まっていないから、何がどこに大切かわからない」「言葉が難しい
と話を聞くだけでも苦痛を覚える人も多いでしょう。

 

しかし寝ていると「給料が支払われているんだから」と言われてしまいます。会社で乗り越えるべき最初の壁かもしれません。

職場の人間関係の築き方がわからない

今までの友人関係・部活動の先輩後輩関係とも違い、新しい関係に戸惑う人が多いでしょう。

 

敬語・話し方・質問の仕方など「社会人のマナー」があり、近くの先輩と話すときも気が抜けません。

飲み会で仲良くなっても「どこまでふざけていいのか」「自分を出してもいいのか」「気軽に話しかけてもいいのか」と考えすぎてしまいます。

 

1つ間違えると今後の関係に支障をきたしかねないので、重要な問題です。

雑用が多い

入社したばかりで、誰でもできそうな簡単な仕事を任されることが多いかもしれません。より仕事ができる先輩たちの手間を省くために、当然といえば当然です。

 

しかし電話・コピーなど、基礎だし大事だけど「つまらない」「もっとやりがいのある仕事をしたい」と感じるかも。

就活を頑張り、入社してやっと研修を終えたのに雑用、がっかりする人も多いのでは。

注目される

「新卒」だからどこへ行っても注目されることに、ストレスを感じる人が多いでしょう。

 

飲み会で何回も自己紹介をしたり、気を遣わなかったら小言を言われたり、会議で意見を求められたり。

ミスしたらどうしよう」「失礼なことを言ってしまったらどうしよう」と落ち着かず、知らない間に負担を感じているかもしれません。

仕事の辛さを乗り越える4つの方法

 

これらの大変なことを踏まえ、1年目が仕事の辛さを乗り越える方法を紹介します。

 

・昼寝をする
・先輩に話しかけてみる
・「新卒の役割」と割り切る
・終業後、休日に楽しみをつくる

昼寝をする

眠気対策として、お昼の休憩時間に15分ほど睡眠を。社会人の生活リズムに慣れてないときは、知らない間に疲れが溜まっているのです

 

休憩時間なら寝ていても問題がないですし、社内の人目が気になるならカフェに行っても良いでしょう。

寝すぎで休憩時間をオーバーしないように注意。

先輩に話しかけてみる

職場の人間関係を掴むには、まずは話しかけてみることが大切。そうすることでどういう関係を築いていったらいいかわかります。

 

もし失敗しても新卒だからしょうがありません。「これから学んでいきます」との意思を見せましょう。

一人では心細かったら、部署の先輩・同期に紹介してもらったり、大学の繋がりを活かしたり。積極的なあなたを助けてくれる人は周りにいるはず。

 

知ってる人が増えると会社が楽しくなるでしょう。

「新卒の役割」と割り切る

雑用・注目されることは「新卒の役割」と割り切りましょう。1年経ったらきっと次の新卒へと引き継がれるはずです。

 

今しかできない」と思えば、この状況を楽しめるかもしれません。

「今しかできない」と雑用でもやりきれば上司は「頼もしい新卒だ」と思い、「今しか注目されない」と思って積極的に話に応えれば「明るくて話しやすい」と思ってくれるでしょう。

休日・終業後に楽しみを作る

新卒時代はどこまで自由にしたらいいかわからず、仕事に楽しみを作るのは難しいかもしれません。そんな時は休日仕事終わりに楽しみを作りましょう。

 

「あと何時間で友達と飲みに行ける」「次の土曜はBBQだ」
と思えば、辛い仕事も乗り越えられるはず。

 

プライベートの時間を充実させましょう。

1年目が大事にすべき8つの心構え

 

学生と社会人では何もかも違いに慣れるために、大事にしたい心構えを紹介します。

 

・相手が理解できるように話す
・自分の意見を含めて質問する
・知らなくて当たり前だと割り切る
・ゴールから考える
・頼まれたことをやりきる
・社会人のマナーを身につける
・感謝、謝罪を忘れない
・お酒に注意する

相手に理解できるように話す

職場の人と話すときは「相手が理解できるか」を意識しましょう。伝わり方次第で誤解を招き、トラブルになりかねないのです。

 

「頼んでいた仕事と違った」「聞きたいことが返ってこない」が起こった時は、あなたの伝え方に問題があるかもしれません。

 

代名詞・「たぶん」など曖昧な言葉を使わず、お互いの認識が一致するような言葉遣いを意識しましょう。

自分の意見を含めて質問する

質問に自分の意見を含めることで、先輩もどのように答えたらいいかわかるようになります。

「こうしたいのですが、この方法で合ってますか?」と聞けば、相手はあなたの希望を理解した上で答えてくれるでしょう。

 

自分の意思表示をするためにも、大事な心がけです。

知らなくて当たり前だと割り切る

「全て最初からできなければいけない」と完璧主義になると、ストレスがかかります。「入社したばかりだからしょうがない」と思うことで気持ちを軽くできるでしょう。

 

できないからこそ「やる気を示す」「わからないことは質問する」などを徹底すれば、「伸びしろがありそうだ」と上司に思ってもらえるはず。

 

できない自分」を認めて、「じゃあ何をすればいいか」考えて前に進みましょう。

ゴールから考える

「意見を求められるけど、どうすればいいかわからない!」時は、その仕事のゴールを考えてみましょう。逆算することで、やるべきことが明確になるはずです。

 

「目の前の仕事はどういう状態になったら良いのか」自分で考え、わからなければ質問しても良いでしょう。

一緒に仕事する上司のゴールを聞けば、よりイメージが鮮明になるかもしれません。

頼まれたことをやりきる

まずは頼まれたことをやりきることが大切です。自発的に動くことも素晴らしいですが、まずは頼まれたことをやりきるのが新卒の仕事。「ちゃんとやる人」か「言われないとやらない人」かそこで判断されるのです。

 

完璧でなくても期限内にやりきる、を徹底していれば「信頼できる人」と思われるでしょう。

社会人のマナーを身につける

社会人のマナーは、いろんな人と働く社会の中で基準となるもの。信頼関係を築くために最低限必要です。

 

「敬語の使い方」「服装の規定」「言葉遣い」などを身につければ、いち早く学生から社会人へレベルアップできるでしょう。

 

最初は失敗がつきもの。たくさん練習し、使ってみることで身につきます。

感謝・謝罪を忘れない

「感謝」「謝罪」はどんな人間関係でも最低限大事なことです。

 

特に新卒の時期はいろんな先輩が気にかけてくれる時。

教えてくれた時やミスをした時、しっかりと言葉にして「ありがとうございます」「すみませんでした」と伝えることで、お互い気持ちの良い関係が築けます。

 

忘れてしまいがちな忙しい時ほど大切にしましょう。

お酒に注意する

お酒を飲みすぎるとつい気が緩んでしまい、トラブルの元になりかねません。

「上司に馴れ馴れしくしすぎた」「愚痴を言ってしまった」とその後の関係に悪い影響を及ぼすかも。

 

入社したばかりは飲み会に誘われる機会が多いので、要注意。

8つのストレス発散方法

 

人間関係・仕事など覚えることも気を遣うことが多く、ストレスが溜まります。

今のうちに自分に合ったストレス発散方法を見つけて、不満・ストレスが爆発しないようにしましょう。

 

・自然に触れる
・友達と飲みに行く
・趣味を見つける
・スポーツをする
・プチ旅行をする
・美味しいものを食べる
・十分な睡眠をとる
・部屋の掃除をする

自然に触れる

上司からの教えや周りの視線に落ち着かない新入社員は、自然の中で心を落ち着かせると良いでしょう。森林浴の効果は化学的に証明されつつあるなど、癒し効果が期待できます。

普段コンクリートジャングルで生活している方に特におすすめです。

 

ストレスが減り、活力がみなぎってくるかもしれません。

友達と飲みに行く

社内の飲み会はまだ気が抜けない新入社員が多いでしょう。「飲み会で隣になった上司に積極的に話を聞いてみましょう」と言われ、「真面目な話以外NG」な雰囲気も漂いがち。

 

そんな時は学生時代の友達と好き放題くだらない話をすることでリフレッシュに。

 

違う場所で頑張っている友達を見て、「私も頑張ろう」と思えるでしょう。

趣味を見つける

土日がしっかりある社会人生活に「何をしたらいいかわからない」と悩む人も多いのでは。

 

没頭できることがあると幸福度が上がるという実験結果が出ています。この機会に夢中になれる趣味を見つけてみましょう。

 

・土曜日は1日中映画を観る
・カラオケに行って大声で歌う

自分らしい方法で趣味を楽しんで、ストレス発散!

スポーツをする

ストレス解消には、体を動かすスポーツをしましょう!慣れないデスクワークで疲れが溜まる新入社員も多いはず。

運動は気分転換・ストレス解消、さらに生活習慣病の予防に繋がる効果がわかっています。
参考資料:厚生労働省 運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書

 

・早く帰れた日はジョギングを30分する
ヨガ教室の会員になってみる

続けられるものを選んでやってみましょう。

プチ旅行をする

土日の休みを利用して、旅行に出かけましょう!いつもいる場所から離れると非日常感を味わえ、気分転換ができます。

 

・行ったことない駅で降りてみる
・1泊温泉旅行に行ってみる

旅行といっても、長期間使わなくても旅気分を味わえます。次の土日は行ったことのない場所に行ってみよう!

美味しいものを食べる

美味しいものを食べると幸せを感じますよね。仕事の悩みがどうでもよくなるかもしれません。

 

・コンビニでスイーツを買う
・奮発してホテルランチをする
行列に並んででも話題のラーメン屋に行く

 

食べ物で自分を励ましながら、明日からの仕事も頑張りましょう。

十分な睡眠をとる

良質な睡眠は健康を保つ上で最重要とも言えます。上手く生活リズムが整えられなくて、「平日はほとんど寝れない」と悩む新入社員も多いのでは。

寝れないとネガティブになり、仕事も集中できないなど悪い影響がたくさん。

 

・土日の朝は予定を入れない
・寝る2時間前からスマホを触らない

十分な睡眠ができる工夫をして、気持ちをスッキリさせましょう。

部屋の掃除をする

平日は疲れて掃除ができず、土曜日に目覚めると部屋の汚さに絶望していませんか?

部屋が汚いのはが荒れている証拠。しぜんと土日に向かうにつれて、ストレスが溜まってきているでしょう。

 

・「15分だけ!」と決めて掃除をする
・掃除用具にこだわる

 

少しの工夫で、部屋を綺麗に保てるようになります。部屋も心もスッキリさせて毎日を過ごしましょう。

1年目を乗り切ろう!

 

入社1年目の辛さ・乗り越える方法・大事にしたい心がけ・ストレス発散方法をまとめました。

 

慣れないことが多い毎日。しかしいろんな人が気にかけて、教育してくれる新入社員の時期は1度しかありません。

ほどよく息抜きをしながら、仕事を頑張りましょう!

 

先輩はどんなことに悩んでいるの?と気になったあなたへ>

【変化の時期】社会人5年目特有の仕事悩み特徴・解決する方法

2019.05.24