【どうしても合わない】仕事の人間関係これで解決!10の方法

仕事に合わない人がいる
と悩むのは当然のこと。

良い関係を保つために、自分・相手を責めないでその感情と向き合ってみましょう。

 

・なぜ合わない人がいるのか
・合わない人がいるときに大事にすべきこと
・対処法

今回は上記の3点を紹介します。

なぜ合わない人がいるのか

 

合わない人がいるのは、人によってそれぞれ価値観が違うのでしょうがないことです。

「ハンバーグが好き」な人もいれば「肉よりもカキフライが好き」な人もいますよね。

 

特に会社ではいろんな得意分野の人がいます。会社を経営するには同じ好みの人だけでは上手くいかないので、当然ともいえるでしょう。

 

それに加えて自分と似ているから嫌という場合もあるかもしれません。相手の中に自分のコンプレックスが重なってしまい、「自分が許せないから相手も許せない」となってしまうのです。

仕事に合わない人がいるとき大事にすべきこと

 

合わない人」がいるのは自然なことですが、気にならなくできれば過ごしやすいですよね。

合わない人が会社にいる場合、大事にしたい考え方を紹介します。

 

・相手の良い/合わないところを考えてみる
・自分に厳しくしない
・ちょうど良い距離感を保つ
・必要最低限の礼儀は守る
・味方を増やす
・仕事に集中する
・プライベートを大事にする

相手の良い/合わないところを考えてみる

 

なんとなく合わないから無理」と思っていませんか?理由をじっくり考えてみると、新たな発見があります。

 

どうして合わないんだろう」「あの人の良いところはなんだろう」と考えてみましょう。

思ったより苦手じゃないかも」「ただ知らないだけだった」と克服できるかもしれません。

自分に厳しくしない

 

合わない人の姿には、自分が映っているからかもしれません。自分が感じているコンプレックスほど、他人に許せなくなってしまいますよね。

 

「仕事に手を抜いている人にイライラするのは、自分が完璧主義だから」「定時で帰る人が嫌いなのは、自分は周りの目を気にして帰れないから」
など、自分が本当はやりたいことを出来ている人が苦手になっているかも。

 

そういう時は休みが足りていない証拠。肩の力を抜いて、心に余裕を取り戻しましょう。

ちょうど良い距離感を保つ

 

「嫌い」な態度を表に出しすぎると、トラブルに繋がりかねません。被害を小さくするために、お互い気持ちよく過ごせる適切な距離感を保つことが大事です。

 

・「一緒に過ごすのは仕事のちょっとした時間だけ」と割り切る
・「そういう性格なんだ」と諦める
・相手に期待しすぎない

 

これらを心がければ、合わない人と最低限関わる程度で平和に仕事をできるでしょう。

必要最低限の礼儀は守る

 

「苦手だ」と感じると自然と無礼な態度をとってしまいがちですよね。

本人だけではなく周りも不愉快になり、仕事をする上で支障が出てしまうでしょう。原因は相手にあっても、あなたが悪いと思われてしまうかも。

 

どんなに苦手でも「お礼」「謝罪」「返事」を忘れないようにしましょう。

 

仕事をスムーズに進めるために大事なことです。

信頼できる人を増やす

 

会社に信頼できる人を増やしましょう。そうすることで、「合わない人はいるけど、私のことをわかってくれる人がいる」と安心できるのです。

 

信頼できる人とは、何かあったら助けてくれるような信頼関係が成り立っている人。

報連相を忘れない」「与えられた仕事を期限内に終える」「わからなければ質問する」
などきちんとした姿勢を示せれば、周りの人はきっとあなたを信頼してくれるでしょう。

仕事に集中する

 

会社は友達作りの場所ではなく、仕事を行う場所です。仕事に集中することで、合わない人を気にしていられなくなるでしょう。

 

集中できないのは仕事に慣れてきたからかも。

「いつもの仕事をもっと良くできないか」「もっと早く終えられないか」と自分でルールを作ることで、周りのことが気にならなくなります。

 

その結果成果も上がったら、一石二鳥ですね。

プライベートを大事にする

 

仕事だけがあなたの居場所ではありません。

プライベートを大事にしていると「私の居場所は仕事だけじゃない」と思えて、仕事の人間関係は気にならなくなります。

 

プライベートは、「趣味を作る」「学生時代の友達と出かける」などで充実させましょう。

超簡単趣味探し

どうしても合わない人がいる時の対処法

 

紹介した心得がピンとこない方は、「苦手な人に耐えられない」状況に陥っているかもしれません。

そんな方には、3つの対処法を見てみましょう。

 

・相談する
・異動願いを出す
・転職する

相談する

 

「プライベートの質問が多い」「私にだけ口が悪い」など明らかに違和感がある場合は相談しても良いでしょう。一人では「耐えるべきか」「転職するべきか」判断がつきづらい場合もありますよね。

 

一人で抱えきれなくなったら、身近な人や会社のハラスメント相談窓口に相談してみましょう。きっとなにか答えが出るはずです。

異動願いを出す

 

「会社は好きだから変えたくない」「転職は大げさかも」な人には、異動の相談がおすすめ。

仕事を変えずに手軽に新しい環境にいけます。言いづらい場合は、正直に理由を言わなくても良いでしょう。

 

しかし、部署・チームが変わったからと言って、苦手な人が全くいなくなるわけではありません。もしかしたらもっと合わない人がいた、なんてことも。

 

感情に身を任せずに、慎重に行うことをおすすめします。

転職する

 

我慢できない!」人に、転職は職場環境を変えるために最適でしょう。新たな場所で再スタートを切れます。

 

現職場で合わない人がいるからこそ、「こういう雰囲気の職場は嫌だ」とより細かい希望がわかり、自分に合った職場を見つけられるかもしれません。

しかし転職はストレス・時間がかかるもの。焦りは禁物です。

【現役キャリアアドバイザー直伝!】相談で自分に合った会社をスムーズに見つける方法

2019.05.14

【転職相談】現役に聞く!合わないキャリアアドバイザーへの対処法

2019.05.17

 

「幸せ」になれることを考えよう!

 

仕事での合わない人への対処法を紹介しました。

 

人間だから、合わない人がいるのは当然です。大事なのは、「どう振る舞う」か。

大きなトラブルを起こさないように、今回紹介した「心がけ」を意識しましょう。