【2019年】副業探しで失敗しない方法【比較・検討】

副業探しで苦戦している人向けに、最初に抑えておきたい副業5ジャンル内発的目的を見つけること楽しさを見出すこと、3つの内容をまとめてみました。

副業探し】5種類のジャンルを把握しておこう

まずは、副業探しで知っておきたい5タイプの種類を紹介します。

 

①『能力(成果)型』
自己投資になる/最初は稼ぎづらい

②『時給型』
確実に報酬受け取り可/時間管理が難しい

③『シェアリング型』
負担が少ない/誰でもできない

④『タスク型』
誰でも片手間で可能/稼ぎが低い

⑤『資格型』
差別化しやすい/取得が困難な場合もある

 

メリット・デメリットを見極め、自分に合った副業タイプに目星を付けておきましょう。

全副業はたった5種類に分類できる!簡単な副業ジャンル【サラリーマン・在宅】

2018.04.26

副業探しにおすすめ優良副業35種

後悔しない副業選びができる『優良な副業』(在宅・スマアプリ・バイト系)を『能力(成果)型』『時給型』『シェアリング型』『資格型』でまとめてみました。

 

「利用時間帯」「賃金/収入」「得意か・好きか」の基準をもとに、自分にぴったりな副業を探してみましょう。

【即発見】後悔しない副業選びはこれ!優良な副業おすすめ一覧【在宅・スマホアプリ・バイト・ネット】

2019.03.07

副収入に加えて「内発的な目的」を設定するべき

何をするのにも、一番最初に目的設定をすることが大切。副業においては、「副収入」は前提として、他に目的を考えておくべきでしょう。

 

例えば、他の目的例として、

 

・社会貢献ができる
・人脈を増やせる
・暇つぶしになる
・スキルアップができる
・新しい知識/スキルを学べる
・フリーランスを目指せる
・転職のきっかけをつくれる
・知人/友人とビジネスができる
・趣味の延長で楽しめる

 

など、様々な候補が考えられます。

 

社会学者ダニエル・ピンクが『やる気に関する驚きの科学』で提唱しているように、人は何かをする際に、お金のような報酬だけではモチベーションを維持することが難しく、内発的動機付けと呼ばれる、自分の興味・関心が生まれた理由を知っておくことが大切なのです。

 

つまり、最初に「副収入」に加えて、「自分が副業を通して叶えたいこと」を考えることが大切です。この際、複数の目的を設定しても良いでしょう。しかし、そこでしっかりと優先順位を付けることが大切です。

 

副業選びでは、ここで優先順位を付けた目的が叶なう可能性が高い副業を選別するようにしましょう。

「楽しめる」要素があるのが理想

副業には楽しめる要素があると望ましいです。そうでない限り、継続は難しくなるでしょう。

 

なぜなら、副業は必ずしもやらなくてはならないわけではないケースがほとんどだからです。そこで、既に持っていて、いつも楽しめている趣味を通じて副収入を稼ぐ方法を考えるのがおすすめです。

 

これと言った趣味がない場合は、自分に合った趣味を探してみることから始めてみましょう。(2019年一押し副業一覧

 

また、自分は何をしている時が「楽しめているのか」を考えるのも大切です。趣味のように具体的なものでなくても、

 

・身体を動かしてるとき
・ものづくりをしているとき
・文章を書いているとき
・頭を使ってアイデアを考えているとき
・頭を使ってものごとを整理しているとき
・人と話しているとき
・数字を扱っているとき
・広告を見ているとき

 

など、抽象度を上げていくつか考えてみましょう。過去の経験から「楽しかった思い出」を引っ張り出し、そこで自分が行っていたことの特徴から考えるのがおすすめです。

 

副業選びでは、そういった方法で思い浮かんだ「楽しめている」ときの要素を含んでいるものを優先的に選ぶようにしましょう。

 

副業を始めるべきタイミング|失敗しないスタートを切る方法

2019.03.01

【個人視点】会社員の副業におけるメリット・デメリット一覧【早見】

2018.06.30