ついに公務員も副業解禁か!?政府の方針と解禁事例

公務員の副業解禁に追い風が吹いています。

近い将来、公務員が副業をすることが当たり前の時代が来るかもしれません。

そこで今回は、公務員の副業容認に向けた動きの具体的な内容として、

 

「そもそも禁止されていた理由」
「副業推進のきっかけ」
「どんな副業が許されるのか」
「既に認められている副業」

 

を徹底解説していきます。

目次

公務員の副業禁止を規制している「法律」と「原則」

公務員の副業禁止を規定している2つの法律

まず始めに、現状、「公務員の副業がどのような形で禁止されているのか」を確認していきます。

具体的には、「国家公務員法」「地方公務員法」の2つの法律で以下のように記載されています。

国家公務員法 第103条
職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。
国家公務員法 第104条
職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。
地方公務員法 第38条
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

要は、営利目的の活動(自営業・会社員)や団体に関わること(顧問・補佐・役員)は禁止、ということです。

言い換えると、「いつどんな時でも営利に関わってはいけない」ということになります。

 

ちなみに、一般的なサラリーマンにはこういった規制がありません。

なぜなら、サラリーマンの雇用契約は勤務時間内での仕事を契約しているだけであり、あくまで勤務外の時間は自由である、という前提があるからです。

公務員の副業が禁止されている理由は、国公法による「原則」

そもそも、なぜ公務員の副業だけが法律により禁止されているのでしょうか?

理由は、公務員だけに存在する以下のような3つの原則があるからです。

国公法 第99条:信用失墜行為の禁止
本人は勿論、所属する職場、公務員自体のイメージを壊さない、信用をなくさない為
国公法 第100条:守秘義務
本業の秘密が副業などを通して外部に漏れないようにする為
国公法 第101条:職務専念の義務
精神的・肉体的な疲労などにより、本業に支障が出ないようにする為

これはつまり、「公務員は国民からの信頼を絶対に失ってはいけない」ということを意味しています。

公務員はあくまで国に奉仕する存在として、

外部への情報流出はもちろん、公務員業務に支障を起こすことは断固NGなのです。

 

原則禁止だが例外として認められている許可されてる副業もある?

お気づきの方もいるかもしれませんが、

上記での「国家公務員法」や「地方公務員法」での記述内容には、「許可」という文字がいくつか含まれています。

これは、上長の許可さえあれば可能となる場合があるということです。

例外の副業は、後ほど解説します。

 

公務員=副業禁止のイメージが先行している

これまでは、「公務員は副業してはいけない」という強いイメージが広く浸透していました。

そのため、副業を始めようと試みる人自体が少なく、許可申請をする人もほとんどいなかったようです。

国・自治体も、公務員の副業許可に向けた動きは見せていませんでした。

 

しかし、神戸市(地方自治体)が副業がしやすい環境づくりである「地域貢献応援制度」を始めたことや、

奈良市生駒市による「副業推進に向けた規定づくり」をきっかけに、

政府が、公務員の副業を前向きに許可しようと動き始めたのです。

※詳しくは、「地方自治体による副業容認への積極的な動き」の項で解説しています。

 

公務員も副業容認へ!国家公務員の副業容認の方針が定まる

2018年6月、ついに政府が公務員の副業容認を正式に認める調整段階に入りました。

2018年度中には、改めて内閣人事局が副業として認める活動の範囲を定めるそうです。

そこで今回は、現時点で既に解禁されることがわかっている副業の種類を紹介していきます。

「公益的活動」に限り、副業が解禁される

NPO法人や非政府組織(NGO)などの「公益的活動」を目的とする活動が解禁されると言われています。

公務員として持っている政策や法律の知見を民間でも活用し、地域の活性化に繋げることが狙いのようです。

 

「公益的活動」を満たす3つの条件

副業が公益的活動として認められるには、

以下3つの要件をすべて満たす必要があるようです。

①社会福祉を目的とした福祉サービスとして提供される

②サービスの受け手は、心身の状況や家族環境、経済的な理由により支援が必要な人である

③料金を徴収せず実施する事業か、発生する費用を下回る料金を徴収して実施する事業である

 

あくまで、利益を伴わないことが前提の福祉活動ということでしょう。

以下が公益的活動の具体的な例になります。

・地域の高齢者や障害者と住民の交流を目的とした祭りやイベント:可能

・子育て家族に交流の場を提供する活動:可能

・法人の利用者と住民との交流活動:不可

・交流スペースなどを地域住民に貸し出す活動:不可

・ゴミ拾いなどの環境美化活動や防犯活動:不可

参考:福祉新聞『【社会福祉法人】厚労省が「公益的な取り組み」の具体例示す』

 

地方自治体による副業容認への積極的な動き

先駆けとなった神戸市による副業容認基準

公務員の副業容認が進んだ一つの先駆けとなったのは、

兵庫県神戸市の地方自治体による、「地域貢献応援制度」(副業容認のために新たな基準を設けた動き)だと言われています。

この基準において認められた副業は、「NPO法人などで一定の報酬を得ながら活動ができる」というものです。

神戸市の「地域貢献応援制度」が生れた理由

神戸市がこういった動きに踏み切った理由は、NPO法人や地域復興団体での「人手不足」や「労働人口の低下」問題です。

震災からの復興を進める上で、公務員でも積極的な活動参加をしなければ、といった背景で動き始めたのでしょう。

 

神戸市自治体の担当者は、

「活動に参加すれば職員の視野が広がり、能力の向上も期待できる。制度の利用者を増やしていきたい」

と積極的な運用方針を定めているようです。

奈良県生駒市でも副業解禁が制度化

2017年8月から奈良県の生駒市でも、

「公益性が高い地域貢献活動、または市の活性化に繋がる活動」を対象として、副業が解禁されました。

主に、公務在職3年以上の職員が対象となり、市と利害関係がなければ報酬の受け取りも認めるというものです。

例えば、有償ボランティアやサッカーのコーチ、子供向け教育講義などが挙げられています。

生駒市の副業推進は、神戸市の動きを参考にしていた

「公務員の積極的な地域活動参加を促進」を目的に、奈良県生駒市の自治体は副業基準を設けたのですが、

その背景には、地域活動が思うように浸透せずにいた状況下、神戸市が「地域貢献応援制度」を発表したからです。

参考:公務員の〝副業解禁〟自治体にもジワリ 神戸市、奈良・生駒市で基準明確化

「新富町」も副業解禁を発表

生駒市、神戸市の後を追うように、「新富町」も副業の許可基準を明確化しました。

スポーツ少年団・NPO法人など、報酬がある活動を想定し、

官民協働のまちづくりを目指した動きのようです。

 

実は以前から認めれていた!公務員でも認められている副業の種類

実は以前から公務員でも容認されている7つの副業がありました。

それぞれ、補足説明と一緒に紹介していきます。

 

①不動産賃貸

投資(家賃によるインカムゲイン)の枠組みで行える不動産の賃貸業です。

営利目的(売却益によるキャピタルゲイン)でない範囲で認められています。

ただし、年収500万円という規定ラインを超えると許可が必要になります。

さらに戸建ては5棟未満、マンションは10室未満という細かな線引きもされています。

公務員の副業「不動産投資」徹底解説!具体的な規制内容

【不動産系】『不動産』関連の副業が行える求人案件一覧

 

②株式・FX・仮想通貨

営利目的ではない投資は認められています。許可も不要です。

しかし、利益が出た場合は、本業とは別途で確定申告が必要です。

確定申告をしなければ、無申告として罰則が与えらます。

そのため、許可の必要性に関わらず、確定申告は忘れてはいけません。

【投資・株】『投資』関連の副業が行える求人案件一覧

【仮想通貨】本当に稼げる?GMOコインを安心して使うための評判・口コミまとめ

 

③講演・講師

自治体にもよりますが、基本的には許可が必要です。

営利を目的とした副業ではないため、謝礼金も受け取ることができます。

ただし、公務に影響を与えない範囲に限ります。

『講師』関連の副業が行える求人案件一覧

 

④執筆活動

執筆活動も許可さえあれば可能です。

過去にも公務員で副業として執筆活動をしていた事例も多数あります。

もちろん、公務員の信頼を損なうような執筆をしてはいけません。

また、公務に影響が出ない範囲であることが前提です。

『執筆』関連の副業が行える求人案件一覧

 

⑤小規模農業

営利目的でなく、農地や売り上げが小規模である場合、農業は許可不要で行えます。

しかし、規模が大きくなると許可が必要になります。その際は必ず、各自治体の確認をとりましょう。

また、販売農家に区分される「耕作面積が30a以上、または農産物の年間販売額が50万円以上」になる場合、許可申請した方が良いです。

事前に定められた基準と、許可を取るために行うべきことを把握しておきましょう。

『農業』関連の副業が行える求人案件一覧

 

⑥家業の手伝い

上記の小規模農業や屋台など、家業として行っている仕事を手伝うことも可能です。

しかし、できるだけ許可はとっておくべきです。

規定上禁止されていないことが、必ずしも許可されるとは限りません。注意しましょう。

もちろん、公務に支障をきたしてはいけません。

 

⑦フリマアプリ

既に所有していて、不要なものを売るためであれば許可なく可能です。

しかし、せどり(転売)は営利目的の活動になるため、禁止となっています。注意してください。

メルカリって本当に稼げるの?安全?評判・口コミ一覧

メルカリって本当に稼げるの?安全?評判・口コミ一覧まとめ

2018.11.20

『ラクマ』って本当に稼げるの?安全?評判・口コミ一覧

フリマ関連で副業が行える求人案件情報一覧

『せどり』関連の副業が行える求人案件一覧

 

公務員の「アフィリエイトブログ」と「同人活動」は許可される?

上述した8つの副業以外にも公務員が気になる副業を紹介していきます。

 

同人活動

同じ趣味や目的、志を持つ人が集い、互いに平等な個人として自由に活動する同人活動。

コミケでの個人製作の雑誌販売など、公務員でも気になる点がある方はこちらを参考にしてください。

趣味なら続けてOK?公務員の同人活動許可について

 

アフィリエイトブログ

スマホやPC一つで、ネット環境さえあればいつでも行えるブログ副業は大変人気です。

公務員でもアフィリエイトブログをしてみたい方はこちらを確認しておきましょう。

公務員の副業「ブログ収入」に対する2つの意見

 

ブログ関連で副業が行える求人案件情報【2300件】

超人気アフィリエイトASPサービス7選を徹底比較【評価・口コミ一覧】

A8.netの評判・口コミまとめ

 

副業ブームにより、公務員の副業が厳しくなっている?

公務員の副業が、厳しく取り締まれるようになった事例もあるようです。

これは、副業解禁が活発になったことで、公務員に対する副業基準を明確化させる動きが進み、

良くも悪くも、表ざたに出ていなかった副業規制が公になったからでしょう。

 

つまり、一概に「公務員が副業を始めやすくなった」とは、言い切れないのかもしれません。

 

しかし、何よりも、副業「許可」を得ることの重要性が増したと考えるべきでしょう。

「許可」さえ得られれば、これまでよりも一層、副業が行いやすい環境がつくられているのは間違いありません。

 

社会貢献×スキルアップ「プロボノ」という働き方

「営利を目的としない」「社会貢献ができる」

二つの条件がそろったプロボノという働き方があります。

「プロボノ」とは、自分の専門的スキルを活かして結果を出すことを目的とした社会貢献活動です。

公務以外の仕事を通じて、スキルアップや人脈づくりをしておきたい公務員には、最適な働き方かもしれません。

【実例集】プロボノでスキルを活かしたボランティア!学べるメリット

詳しくは、上記のプロボノ実践者による事例を集めた記事を参考にしてみてください。

 

他にも、ボランティアやNPO活動の副業としての扱われ方が気になる方は、

以下の関連記事を参考にしてみてください。

ボランティアと副業の違い!有償で謝礼はOK?公務員は許可される?

NPOで副業は可能?サラリーマン・公務員の副業規定と事例の解説

 

公務員が副業を始める前にやるべきこと&注意点とは?

いざ副業を始めようとしても、「何をすればよいか?」「どんなことに注意したらよいか?」、

最初に確認しておきたい人もいるでしょう。

以下の記事を参考に、事前に準備しておきましょう。

【保存版】副業を始める際にやるべきこと・気をつけるべき注意点【全10項目】

要チェック!公務員の副業には税金知識が欠かせない

公務員の副業解禁が進んでいますが、副業を始める際は、

どんな人でも税金に関する知識をある程度持っておくべきでしょう。

申請許可を出すときなどに困ることのないよう、以下の記事をチェックしておきましょう。

副業の税金に関わる対策と知識のまとめ

【給与所得編】会社に副業がバレない方法

【雑所得(事業所得)編】会社に副業がバレない方法

まとめ

公務員の副業規制が緩和されていく背景を政府や国、地方の動きから解説しました。

いよいよ公務員が自由に副業できる時代がやってくる実感がわいてきたのではないでしょうか。

「不動産投資」「株式・FX・仮想通貨」
「講演・講師」「執筆活動」
「小規模農業」「家業の手伝い」「フリマアプリ」

「同人活動」「アフィリエイト」

「プロボノ」

など、条件は異なりますが許可されやすい副業の解説をしましたが、

今後も動きが増えるである公務員の副業は、働き方が変わっていく時代の重要なキーワードです。

同時に、あなた自身の働き方が、今後どのように変わっていくか考えておくことも大切です。