はじめる前に知っておきたい!ランサーズの評判・口コミまとめ

副業が浸透しつつある現在副業を解禁する企業も増え続け、副業に興味を持つ社会人も増えてきました。

数多くある副業の中でもに、自分の「スキル・得意」を求めている誰かから仕事を受けることができる「クラウドソーシング」は副業にしやすく、注目されています。

そこで今回は、クラウドソーシングサイト最大手『Lancers(ランサーズ)』にスポットを当てて、

ユーザーからの「評判と口コミ」を解説していきます。

副業として、『Lancers(ランサーズ)』を利用を検討中の方は、一度目を通しておきましょう。

Lancers(ランサーズ)の簡単なサービス概要

最初に、『Lancers(ランサーズ)』のサービスに関する基本的な情報を確認しておきましょう。

 Lancers(ランサーズ)
運営会社ランサーズ株式会社
開始年2008年
ユーザー数100万人
実績取引数:214万6581件
種類総合型
利用価格無料
手数料採用報酬の5%~20%
案件の種類システム開発

Web制作

デザイン制作

ライティング

大量作業

翻訳

写真・動画制作

Lancers(ランサーズ)の悪い評判・口コミまとめ

まず始めに、『Lancers(ランサーズ)』に対するネガティブな評判・口コミを大きく3つ紹介していきます。

開発系の案件掲載が少ない

『Lancers(ランサーズ)』には開発系の案件が少ないという評判・口コミが見られました。

実際に、開発系の案件をもう一つの大手サービス『Crowdworks(クラウドワークス)』一緒に調査してみました。

結果(※2018年10月24日時点)は以下の通りです。


※「システム開発・運用」カテゴリ内の掲載

『Crowdworks(クラウドワークス)』:25,635件

※「システム開発」カテゴリ内の掲載


『Crowdworks(クラウドワークス)』に比べて、およそ30倍の1程度の案件数だということがわかりました。開発系の案件を幅広い選択肢から選びたい方には『Crowdworks(クラウドワークス)』の方が良いかもしれません。

手数料(システム利用料)が高い

『Lancers(ランサーズ)』は、他社サービスと比べて手数料(システム利用料)が高いと言われています。

もっと手数料(システム利用料)が安い『Bizseek(ビズシーク)』などのサービスがあるためでしょう。

しかし実際、Lancers(ランサーズ)』の手数料(システム利用料)は平均的な金額です。

もう一つの大手サービス『Crowdworks(クラウドワークス)』も、全く同じ料金システムになっていて

クラウドソーシング市場での価格競争が行われた結果、現状で落ち着いている価格になっているのでしょう。


『Lancers(ランサーズ)』の手数料(システム利用料)詳細は以下の通りです。

依頼金額が20万円超:5%

依頼金額が10万円以下:10%

依頼金額が10万円以下:20%

※報酬の振込手数料も別途でかかります。楽天銀行税込み100円/他行税込み500円


他にも、「クライアントとのコミュニケーション」や「低報酬」に関する悪い評判・口コミが見られることもありましたが、

それらはクラウドソーシング業界全般が抱える問題点です。

クラウドソーシングサイトの問題点とは?評判・口コミまとめ

スマホで操作しづらい!?

『Crowdworks(クラウドワークス)』と比べて、スマホアプリでの操作性が悪いと口コミがされていることが多かった『Lancers(ランサーズ)』ですが、

2018年4月に新しくスマホアプリをリリースしました。操作性が格段に上がり、便利で使いやすいという声も挙がっています。

Lancers(ランサーズ)の良い評判・口コミまとめ

続いて、『Lancers(ランサーズ)』に対するポジティブな評判・口コミを全部で2つ解説していきます。

好条件な質の高い案件が多い

『Lancers(ランサーズ)』には、報酬など諸々の条件が良い案件が多いと評判・口コミが多くありました。

『Crowdworks(クラウドワークス)』と比べると、案件数は少ないですが、その分、質の良い案件が見つかりやすくなっているのでしょう。

前払いシステムがあるから安心!

『Lancers(ランサーズ)』には、仮払い(エスクロー)制度があります。


仮払い(エスクロー)制度:仕事の報酬を、仕事を行う前にランサーズで一旦預かり、仕事の完了後にランサーズから仕事を行ったユーザーに報酬が支払われる仕組み


「仕事をこなしたにもかかわらず、報酬が支払われない」と言った問題が起こらないようになっているのです。安心して利用できるでしょう。

『Lancers(ランサーズ)』以外の人気クラウドソーシングサイトとは?

『Lancers(ランサーズ)』の口コミ・評判を確認できたところで、いざ副業を始めようとしている方もいるかと思います。

一方、『Lancers(ランサーズ)』を含めた人気クラウドソーシングサイトをもっと詳しく知っておきたい方もいるでしょう。

超人気クラウドソーシングサイトを比較!副業初心者におすすめなサービス一覧

クラウドソーシング業界全体の問題点は「報酬」と「悪質クライアント」

『Lancers(ランサーズ)』を含めたクラウドソーシング業界全体が抱える問題も知っておくべきでしょう。

問題の多くは、「低い報酬」「悪質なクライアント」であることが多いです。

もっと詳しく知りたい方は、実際に利用したユーザーの良い評判・口コミと悪い評判・口コミをまとめているクラウドソーシングの問題点とは?【評判・口コミ】を参考にしてください。

まとめ

「開発系の案件掲載」や「手数料(システム利用料)」に関する悪い評判・口コミがある一方、

「好条件な質の高い案件が多い」「前払いシステムが安心」などの良い評判・口コミも多く挙がっていることがわかりました。

総じて、『Lancers(ランサーズ)』の問題は「掲載案件の少なさ」でしょう。『Crowdworks(クラウドワークス)』と比べると、どうしても数が物足りなく感じてしまうかもしれません。

しかし、その分「質の良い案件が多い」とも言われているので、案件が多い方が良いとは一概に言い切れません。

結局は自分に合った適切な案件を見つけるユーザーのスキルが大切なのです。