Snapmart(スナップマート)は稼げる?安全?評判・口コミまとめ

写真関連の副業をご希望の方は、『BitWork Career』の登録項目「提案してほしい仕事・案件」に、[写真関連希望]とご記入ください。


本業とは別にお金を稼ぎたい、できれば自分のペースで無理なく稼ぎたい、と副業や複業を検討している人は多いのではないでしょうか。

そういった人におすすめなのが写真を売るアプリ『Snapmart(スナップマート)』です。

『Snapmart(スナップマート)』は、自分のスマートフォン内にある写真をアプリにアップロードして販売するアプリであり、利用者は写真を撮影してアップロードするだけで、

あとは購入者が現れるのを待つだけです。

今回はそんな『Snapmart(スナップマート)』の基本情報から実際に利用しているユーザーの口コミや評判を調べてみたので解説していきます。

副業や複業に興味を持っている人はぜひ参考にしてみてください。

『Snapmart(スナップマート)』の基本情報・サービス概要

まずは、そもそも『Snapmart(スナップマート)』がどういったサービスなのか、その概要をおさえておきましょう。


運営会社:スナップマート株式会社
サービス開始:2016年6月
ユーザー数:ー
実績:購入登録企業数1,000社(2017年4月時点)
利用価格:無料
報酬率:30%〜60%
出金時の手数料:200円


詳しい情報はスナップマートの公式ホームページに掲載されているので確認してみてください。

他社サービスにはない!『Snapmart(スナップマート)』の特徴とは?

これまでも、ストックフォトサービスと呼ばれる写真をオンラインで販売するサービスはありました。

しかし、従来のサービスで販売できる写真は一眼レフなどのカメラで撮影したものが大賞であり、

スマートフォンによって撮影された写真は対象外。いわばプロ向きのサービスでした。

しかし、『Snapmart(スナップマート)』は、「コンテンツ流通に”素人革命”を」という言葉を掲げているように、写真に詳しくない素人でも、スマートフォンで撮影した写真を気軽に販売できる点が大きな特徴です。

そのため、『Snapmart(スナップマート)』のアプリをダウンロードし、アカウントを作成すれば、その日のうちに写真を販売して収入を得ることも不可能ではありません。

ちなみに、写真の販売には、以下のようにいくつかのタイプがあります。


・マーケットプレイス

・コンテスト


マーケットプレイスは、自分で撮影した写真を出品するだけの販売方法です。

著作権が自分にない写真や写っている人の許可が取れていない写真、公序良俗に反する写真など禁止されていない写真であれば特に制限なく出品できます。

出品した写真が購入されれば出品者に報酬が入ることになります。

コンテストは、あらかじめ決められたテーマに沿った写真を投稿し、入賞することで商品や賞金がもらえる販売方法です。

もしコンテストに落選してしまったとしても、その写真はマーケットプレイスで販売することができます。

ちなみに、コンテストには「秋のおすすめ観光地」、「ニコニコ笑顔」、「秋色コーデ」などさまざまなものがあります(2018年11月12日現在)。

『Snapmart(スナップマート)』自体は2016年に設立されたばかりの歴史の浅い会社ですが、

『PIXTA(ピクスタ)』という日本のストックフォトサービスのなかでも大手の会社の子会社なので、安心して利用できるのも大きな特徴でしょう。

『Snapmart(スナップマート)』の悪い評判・口コミまとめ

撮影した写真をアップロードするだけで報酬が得られる可能性がある『Snapmart(スナップマート)』ですが、利用者の中にはネガティブな評判も見られました。

『Snapmart(スナップマート)』の悪い評判・口コミ:「全然売れない」

今回、『スナップマートの』口コミを調べてみて多かったのが写真が売れないという意見でした。

無料で利用でき、スマホで気軽に出品できることもあって、ライバルが多いため、簡単には売れないものと考えられます。

また、売れる写真を出品するには購入者側のニーズを把握する必要があったり、何枚も出品する必要がある、といった意見も見られました。

誰でも利用できるのは大きな特徴ですが、普段スマホで写真を撮らないような人にはあまり向いていないようです。

逆にInstagramなどを頻繁に利用している人には相性の良いサービスだと言えます。

『Snapmart(スナップマート)』の悪い評判・口コミ:「出金に手数量がかかる」

もし、写真が売れたとしても報酬が直接銀行口座に振り込まれるわけではありません。

売上金はアカウントで管理され、口座へ振り込む(出金する)には手続きを行う必要があります。

また、出金の際には200円の手数料がかかるため、売り上げ金額が201円以上なければ出金はできません。この手数料がデメリットだとする意見が見られました。

ちなみに、売上金は売り上げた日から3年経つと消滅してしまうので注意が必要です。

『Snapmart(スナップマート)』の悪い評判・口コミ:写真のレベルは高くない

『Snapmart(スナップマート)』は良くも悪くも素人が参加できるサービスであるため、

販売されている写真の中には質の低いものもあります。

また、近年ではスマホのカメラの性能も高くなっていますが、高価なカメラなどと比べるとクオリティにも差が出てくるとも言われています。

『Snapmart(スナップマート)』の良い評判・口コミまとめ

では、逆に良い評判や口コミにはどういったものがあるのでしょうか。

『Snapmart(スナップマート)』の良い評判・口コミ:「ロイヤリティーフリー」

『Snapmart(スナップマート)』では、写真を購入することもできるのですが、ここで購入した写真はロイヤリティーフリーで利用することができる、と評価されています。

ただしアダルトサイトでは利用できないなど一部利用条件があるので注意が必要です。

それでも、利用回数や期間に制限がないため、一度購入してしまえばさまざまな場面で活用することができます。

『Snapmart(スナップマート)』の良い評判・口コミ:「写真の種類が豊富」

出品者の中にはプロのカメラマン以外にも素人が撮影した写真も含まれています。

被写体を自分自身にした写真などもあるため、写真の種類が豊富である、という意見が見られました。

素人というと聞こえは悪いですが、誰でも参加できる分、プロには撮影できない素人っぽさがある写真なども数多くあるようです。

『Snapmart(スナップマート)』の良い評判・口コミ:「気軽に副収入が得られる」

写真を撮影して、その場ですぐに出品できるため、ソーシャルメディアに投稿する感覚で気軽に副収入を得られる、という点を評価している意見がありました。

スマートフォン1つで収入を得られるということで、目の前に絶景が広がっていれば撮影してすぐに出品、数分後に収入ゲット。となる可能性も決してゼロではありません。」

(もちろん、写真撮影のスキルやニーズの把握なども必要とはなります)

『Snapmart(スナップマート)』で稼げる収入は?利用実例の紹介

『Snapmart(スナップマート)』は写真を単品で販売することもでき、一番安いものだとSサイズで324円(税込)で販売されています。

出品者はユーザーランクに応じて報酬率が決められていて、例えば一番低いランクだと報酬率は30%となるため、


324×0.3=97円


が1枚あたりの報酬となります。

写真の内容にもよりますが、準備や移動の必要がなければ撮影自体はすぐにできるため、サラリーマンでも、主婦でも、学生でも出品可能です。

ただし、どのくらい売れるかという点に関しては、その写真を求めている人がいるかどうかによるため、1時間で◯円稼げると断言することはできません

 

ちなみに、出品経験者の中には1年で130円ほど、1ヶ月で0円という体験談も見られたため、工学の報酬を得ることは決して簡単ではないようです。

まとめ

「写真が売れない」、「出金の手数料がかかる」などのネガティブな意見がある一方で、

「気軽に副収入が得られる」といったポジティブな意見も見られました。

売れる写真の傾向を見極めるにはある程度出品経験を積んでいく必要がありますが、

『Snapmart(スナップマート)』の公式ホームページでは「最近購入された写真」が紹介されているため、それらを見てみると報酬を得られる可能性が高くなるでしょう。