ヤフオクって本当に稼げるの?安全?評判・口コミ一覧まとめ

『ヤフオク』は日本最大手のオークション。

モバオク』と比べてもユーザー数が多いため売れやすいと評判です。

 

ただし、どんな場合でも『ヤフオク』が優れているというわけではありません。

売りたい商品のジャンルやサービスの利用方法によっては、他のオークションのほうがすぐれていることもあるのです。

 

特に手数料については要注意。今オークションを使っている人も、もしかしたらもっとお得な利用方法があるかもしれません。

この記事では『ヤフオク』の評判・口コミや特徴、稼ぐコツなどをまとめて紹介。

ぜひ参考にして、お得にオークションを利用してみてください。

『ヤフオク』のサービス詳細

まずは、『ヤフオク』のサービスの概要から見ていきましょう。

運営会社 ヤフー株式会社

運営歴  1999年9月開始

支払日  売上確定日の翌営業日あるいは翌々営業日

手数料  落札価格の10%(プレミアム会員は8.64%)

『ヤフオク』のサービス特徴

『ヤフオク』にはどのような特徴があるのでしょうか。

・月額利用料が無料

・Tポイントがもらえる

・ユーザーが多い

・対応配送サービスが多い

まず、『ヤフオク』は月額利用料が無料です。

『モバオク』では出品しなくても毎月324円の費用が必要となるので、その点は『ヤフオク』のほうがお得です。

『ヤフオク』は、Tポイントがもらえるという魅力もあります。

プレミアム会員になることでよりお得にポイントを利用できます。

『ヤフオク』は、同じく大手のオークションである『モバオク』よりもユーザー数が多い傾向にあります。

商品やジャンルにもよりますが、落札者が多い分、落札されやすいといわれています。

また、『ヤフオク』は対応配送サービスが多いという点でも評判です。

ゆうパックやネコポス、レターパックなどさまざまな配送方法から選べます。

『ヤフオク』の悪い評判・口コミ

続いて、『ヤフオク』の悪い評判・口コミについて紹介します。

・金銭を直接やり取りする必要がある

・評価が0の人はやり取りしづらい

『ヤフオク』は金銭を出品者と落札者の間で直接やり取りしなければなりません。

間に『ヤフオク』が介在しないため、金銭トラブルが発生する可能性もあります。

また、『ヤフオク』には評価が0だと避けられるという特徴があります。

他のオークションはフリマでも同じですが、『ヤフオク』はその傾向が強いという口コミが見られます。

『ヤフオク』の良い評判・口コミ

続いて、『ヤフオク』の良い評判について見ていきましょう。

・公式外部ツールが多い

・ジャンルが豊富

・常に新着を保てる

・匿名配送サービスが増加中

『ヤフオク』は、公式外部ツールが豊富なのが特徴です。

出品代行会社や商品管理ツールなど、出品者が利用できる外部ツールがあります。

公式のツールであるため、安心して利用できます。

 

また、『ヤフオク』はさまざまなジャンルの商品が取引されています。

そのため、自分の出品したい商品のジャンルを問わず出品できます。物品だけでなく、知識やスキルも出品可能です。

 

他にも、『ヤフオク』には、出品期限が設けられています。

期限が過ぎるともう一度出品する必要がありますが、その分商品を新着状態に維持できます。

そのため、商品が検索されたときに上位に表示されやすく、人目に付きやすいのが特徴です。

 

さらに、『ヤフオク』は匿名配送サービスが現在増加してきています。

2018年8月には「ヤフネコ!パック」し、これからも匿名で利用しやすくなっていくことでしょう。

『ヤフオク』で稼げる収入例

『ヤフオク』を利用することで、具体的にどのくらいの収入が得られるのでしょうか。体験談を見てみましょう。

・iPadを出品した方の場合:4万円(購入金額の9割程度)で落札

・2万円で購入したハードディスクを出品した方の場合:1万円で落札

「こんなもの売れるのか……」と思いつつ出品したところ、思いのほか高い金額で売れたという例が多く見られます。

ユーザー数が多い『ヤフオク』だからこそといえるでしょう。

『ヤフオク』で稼ぐコツ

『ヤフオク』で稼ぐためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

・「オークファン」で相場を調べる

・送料無料と送料込みのメリットを考える

・配送方法の選択肢を増やす

まず、出品する際には落札相場を調べましょう。

『ヤフオク』は出品者も落札者も多いため、相場より高い金額だとなかなか落札してもらえないかもしれません。

逆に、安すぎると怪しまれることもあるでしょう。

オークファン」を利用することで、相場を調べ、適切な価格で出品しましょう。

また、送料込みの料金を記載して「送料無料」とするか、送料は別途にするかも重要です。

「送料無料」と記載すれば落札は高くなりますが、出品者は手数料が増えて損になります。

なぜなら、『ヤフオク』は落札に比例して手数料が高くなるからです。

送料を落札価格の中に含めてしまうと、手数料も増加します。

配送方法についても気を付けておきましょう。落札者の選択肢を増やすことで喜んでもらえます。

『ヤフオク』を利用する上での注意点

『ヤフオク』を利用する際には、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

まずは最低限、以下のようなことに注意しておきましょう。

・取引相手を選ぶ
・特に理由がない限り良い評価を入れる

取引相手を選びましょう。できるだけ評価が高く、利用歴の高い相手を選びます。

相手も『ヤフオク』の利用に慣れている方が、取り引きもスムーズに進むでしょう。

 

また、無事に取引を終えたら、できるだけ良い評価を相手につけましょう。

気持ちよくやり取りできれば、リピーターになってくれる可能性もあります。

落札者も、初めての出品者より、一度気持ちよく取引できた出品者から購入したいはずです。

まとめ

『ヤフオク』は日本で最もユーザー数が多いオークションです。

同じく大手の『モバオク』もユーザーは少なくありませんが、『ヤフオク』と比較すると劣ります。

ユーザーが多いということは、一つの商品で競争が働きにくいというデメリットもありますが、

人数が多いため誰にも売れないということは、ほとんどありません。

 

「こんなものが売れるのだろうか……」と思っている商品でも、意外と需要があるものです。

『ヤフオク』を利用することで、きっとその商品を求めている人と出会えるでしょう。

まずはぜひ、家に眠っている不用品の出品から始めてみてはいかがでしょうか?