【体験談】楽天せどりは稼げる?安全?コツと注意点の紹介

副業として人気のある『せどり』ですが、仕入れ場所で悩んでおられる方も多いでしょう。

 

店舗で直接仕入れる方法も良いのですが、今回はネット通販の『楽天』を使った、せどり方法について解説をします。

その名も『楽天せどり』で稼ぐには、どうすれば良いのでしょうか?

 

『楽天市場』の基本情報・サービス概要

運営会社:楽天株式会社

運営歴 :1997年

利用者数:4028万人(2018年)

楽天せどりとは?

『楽天せどり』とは、

・楽天市場で仕入れて他のサービスで売って儲ける

という差額で儲けるビジネスです。

せどりは色々と批判される事もありますが、これも立派なビジネスです。

安く仕入れて高く売る、というのはビジネスの基本となります。

 

楽天せどりのメリット

『楽天せどり』のメリットを見ていきます。

 

商品数が豊富

楽天は日本最大級のネットショッピングサイトで、2018年の出品店舗数は「4.5万店舗」もあり、商品数が「2.5億点」あります。

楽天市場の店は、個別に出店している訳なので、値段が格安の商品を見つける事もできますから、商品数が多いのは最大のメリットとなります。

 

セールが充実している

楽天市場では、

・楽天スーパーセール

・楽天スーパーDEAL

・お買い物マラソン

などのセールがあり、商品が安くなったり還元率が高くなっている、お得な時期があります。

これらのセールを活用できるのが、楽天市場を利用した『楽天せどり』のメリットです。

 

ポイント還元率が高い

楽天市場では、買い物方法を工夫するだけで、獲得ポイント数が5倍や10倍になる事も珍しくありません。

1ポイント=1円なので、ポイントが数万溜まっていれば、現金を数万持っているのと同じような状態になります。

そのポイントで再び仕入れをする事ができるので、非常に高い利益率を出すことができるのです。

 

食品に強い

Amazonにはない楽天市場の最大の特徴は食品の充実度です。

楽天はお菓子やお土産だけでなく、「肉」「魚」などの生鮮食品も取り扱っているぐらい食品に力を入れています。

食品を上手に仕入れる事ができれば、Amazonなどではライバルが居ないので、かなりの儲けを出す事ができます。

食品を扱えるのも『楽天せどり』のメリットとなります。

 

楽天せどりのデメリット

では次に『楽天せどり』のデメリットを見ていきます。

 

ライバルが多い

楽天は店舗数や商品数は多いのですが、利用者数も非常に多いです。

2018年の楽天の利用者数は4000万人なので、日本人の3人に1人は楽天を使っているという事になります。

 

利用者数がこれだけ多いので、せどりのライバルも多く、人気商品の仕入れは難しいところがあります。

ただ人気商品以外でも利益は出せますので、自分の得意分野をリサーチして仕入れて行けば問題ありません。

 Amazonより見にくい

楽天のページはAmazonに比べると、見にくいと感じてしまう人もいるでしょう。

Amazonは1ページが整理されている印象がありますが、楽天は整理されておらず関連商品なども山のように表示されます。

 

ただ関連商品でも仕入れられる商品を見つけられたりするので、楽天の複雑なページ構成もメリットになることもあります。

 

楽天せどりはどんな人におすすめか

『楽天せどり』は、

・資金に余裕がある人

・店舗まで行く時間がない人

におすすめです。

楽天で仕入れる商品の単価は最低でも1000円を超えます。

 

たくさん仕入れる事になれば、1日の仕入れ金額が5万や10万を超えることもあります。

なので資金が少し余裕のある方におすすめできます。

また楽天はインターネットのみで購入できるので、店舗まで行って商品を探す時間がないない人に向いています。

楽天せどりで稼ぐコツ

セールを利用して仕入れる

『楽天せどり』で稼ぐには、セール日などを利用して「安く」もしくは「還元を多く」仕入れるのが重要です。

通常の定価では利益を出すのは難しい部分がありますが、セールで半額などになっていれば、かなりの利益額になります。

特におすすめなのが、『楽天スーパーセール』です。

『楽天スーパーセール』は年に4回だけ開催される楽天の最大セールであり、商品が半額になったり、30倍以上のポイントが付いたりします。

 

楽天カードを作っておく

楽天市場では100円の購入で1ポイントが加算されますが、楽天カードを使うだけで2倍になります。

楽天市場での商品購入が全て無条件で2倍になるので、楽天カードは絶対に必須アイテムです。

 

大量仕入れをすれば、ポイントが万単位で付く事もありますので、2倍というのは非常に大きい差です。

通常のカードで買い物したら2万ポイントなのが、楽天カードだったら4万ポイントになっていた訳ですからね。

 

楽天せどりの注意点と、その対策

『楽天せどり』の注意点と、その対策について見ていきます。

 

一定額の資金が必要

『楽天せどり』は最低でも1000円程度の料金から仕入れをします。

高い物だと1万や2万の商品を仕入れる事もありますので、資金に余裕がない方には厳しいです。

資金がない方は『楽天せどり』ではなく、もっとも安い仕入れ金額で始められる、せどりをしていくべきです。

 

評価の悪い出品が売られている

楽天の出店店舗は優良な所が多いですが、ごく稀に偽物を売っている会社もあります。

偽物を仕入れてしまって、間違ってAmazonなどで販売すれば、出品アカウント停止の事態に繋がる可能性もあるので、粗悪な店舗だけには注意してください。

相場に比べて異常な安さの商品を販売している店舗は要注意で、評価などを確認してみてください。

 

ポイントに有効期限がある

楽天のポイントの有効期限は1年しかありません。

1年を経過すると1万でも10万でも失効してしまうので、期限が過ぎる前に使ってしまいましょう。

溜まったポイントは、必ずしも「せどり」に使う必要はなく、日用品の購入やEdyとして使っても良いでしょう。

 

まとめ

楽天市場は商品数が豊富でセールなども多く、仕入れ対象先として非常におすすめです。

ネットだけで完結できてしまうので、場所や時間で不利に感じるような方でも、せどりで利益を出していく事ができます。

 

楽天市場は1997年からサービスを開始した、ネット通販の老舗サイトで、プロ野球球団を持っているほどの会社ですから、信頼度が高いです。

今後も更に使いやすいサービスになってくれるでしょうから、『楽天せどり』もやりやすくなるでしょう。