会社員が副業でアルバイトをすると、年末調整はどうなる?

政府による副業・兼業推進により、様々な業界で「副業解禁」の波が来ています。

副業解禁企業に勤めている人の中には、「これを機に副業を始めてみよう」と思う人も多いのではないでしょうか。

副業の選択肢の1つにアルバイトがあります。

副業でアルバイトをする場合、2つの企業に雇用されることになるので、何もせずに11月を迎えると、本業・副業の両社から年末調整のための用紙の提出を求められます。

しかし、この場合、両方の会社に用紙を提出してはいけません。

では、会社員が副業でアルバイトをする場合、年末調整においてどのような手続きが必要なるのでしょうか。

順を追って解説していきます。

👉副業アルバイトランキング【月5万・月10万】
👉副業求人検索ページ【アルバイト検索結果】

年末調整は所得税を清算する手続き

そもそも年末調整とは、その年の1月から12月に支払われた給与から差し引かれた所得税を精算する手続きです。

所得税は、1年間の所得に対して税額が決まりますが、従業員は毎月給料を受け取る際、前もって所得税が源泉徴収(差し引き)されています。

あくまで源泉徴収額は概算であり、各従業員の生活事情に応じた所得控除は考慮されていません。

そのため、企業は各従業員が本来納めるべき所得税を再度計算する必要があります。

正しい所得税額と源泉徴収額を比べ、給与を受け取った従業員が税金を多く支払っていた時は差額を戻し、足りていない場合はその分を徴収します。

年末調整は1か所のみ、副業アルバイトが発覚する理由

会社員が副業でアルバイトをする場合、何もせずに年末を迎えると、年末調整の関係書類を本業・副業の両社から受け取ることになります。

しかし、年末調整は1か所の勤務先でしか行えません。

理由は、2か所以上の勤務先で年末調整をすると、所得控除などが重複し、正しい課税ができなくなるからです。

対策としては、副業の会社には、事前に年末調整をしないことを伝えておく方法が考えられます。

会社員が副業でアルバイトをする場合、本業の会社(収入が多い方の会社)で年末調整はで行うのが一般的です。

3か所以上で勤めている場合もベースとなる考え方は同じです。

※1か所で2,000万円を超える給与を受け取った場合は、そもそも年末調整をすることができません。

副業アルバイトが会社にバレない方法

アルバイトなどの雇用契約を伴う副業では、副収入が「給与所得」となります。

給与所得の場合、雑所得・事業所得と違い、本業で働く会社にバレやすいと言われており、

副業として行うのは比較的難しいです。

しかし、副業の種類・住んでいる地域・働く会社によっては、バレない方法があります。

会社にバレずに副業アルバイト行う方法を【住民税】【確定申告】の知識と一緒に紹介した関連記事を参考にしてみましょう。

👉【給与所得編】会社に副業がバレない方法

副業アルバイトではなく「雑所得」で副収入を得るべき理由

会社員が行う副業では、アルバイトのような雇用を伴わない仕事を選ぶ方が賢明でしょう。

そもそも雇用契約を複数結ぶことを禁じている企業が大多数であるからです。

雇用を伴い、給与所得で副収入を得る副業ではなく、「雑所得」で副収入を得られる副業には以下のような種類があります。

税務署の判断次第になりますが、基本的に以下の副業は雑所得に当たります。

・アフィリエイト/ブログ
・ハンドメイド作品販売
・フリマ/オークション
・ポイントサイト
・アンケートモニター
・クラウドソーシング
・株式投資/FX
・代行
・覆面調査
・データ入力

アルバイト以外で、簡単に始められる副業から得られる所得は「雑所得」がほとんどです。

👉雑所得と事業所得の違い|確定申告の方法【副業・副収入】
👉ネット副業のおすすめ一覧|安全な在宅ワーク

継続できる副業選びのコツ・心得一覧

会社員で副業選びに苦戦している人は、

「副業が続かない…」
「副業すぐやめちゃいそう…」
「副業は体力的にきつすぎる」

といった思いがあるかもしれませんが、

「楽しめる」
「長所を活かせる」
「スキルを活かせる」
「生活リズムを崩さない」

上記4つのポイントを意識して、副業探しをするのがおすすめです。

各ポイントの詳しい解説・各ポイントの特徴を持つ副業の見極め方の解説をしている以下の記事を参考にしてみましょう。

👉継続できる副業選びのコツ・心得一覧
👉【難易度別】副業ジャンル総まとめ一覧

副業をするメリット・デメリット

最後、会社員が副業を始めるメリット・デメリットを全部で17個【個別解説】をしっかりと確認しておきましょう。

そもそも『本当に副業をするべきか否か』を見極めなければ、失敗する可能性が増えます。

👉【早見表】副業をするメリット・デメリット
👉副業に活用すべきスキマ時間一覧【棚卸表】

まとめ

会社員が副業でアルバイトをする場合、年末調整は本業の会社で行い、年末調整を行わなかった副業の収入分は、金額次第で自分で確定申告する必要があります。

普通に会社員をしていると、ほとんど縁のない確定申告ですが、副業には切手は切り離せないキーワードです。

確定申告の知識不足により、申告や納税を怠ると、行政から増税などのペナルティが下されます。

期限内に正しく申告、納税しましょう。

👉【単発】ショットワークスの良い/悪い口コミ
👉『治験バイト』超簡単に稼げる3つの副業徹底解説