【写真副業】フォトライブラリーの評判・口コミ一覧【体験談】

「フォトライブラリーの評判ってどうなの」
「フォトライブラリーって稼げるの?」

という疑問をお持ちの方のための記事です。

『フォトライブラリー』は東京都中央区銀座に本拠を置く、日本を中心に展開するストックフォトサービスです。

現在ストックフォトでの写真販売は、老若男女誰にでも手軽にできる副業として注目を集めています。

 

数あるストックフォトの中でも『フォトライブラリー』は、価格を自由に設定できたり報酬科率が高かったりと、販売者に有利な条件をそろえているストックフォトです。

熟練のストックフォト投稿者も必ずと言っていいほど登録しています。

今回の記事では『フォトライブラリー』の良い評判、悪い評判と特徴、実際に稼いでいる人の体験談をご紹介します。

 

※「ストックフォト」とは、webや印刷で需要があると予測される写真をあらかじめストックしておき、web製作者や編集者に有料で販売するサービスです。
プロカメラマンでなくとも申請して審査を通った写真であれば、誰でも写真を販売することができます。

『フォトライブラリー』サービス概要・基本情報

運営会社   :株式会社フォトライブラリー

運営歴    :2006年1月設立

事業形態   :投稿型

資本金    :2,500,000円

最低支払金額 :3,000円

報酬支払日  :月末締め翌々月25日支払い

『フォトライブラリー』のサービス特徴

『フォトライブラリー』の特徴をかんたんに紹介します。

・自分で販売価格を決められるストックフォト

・売り上げ価格に対して最高65%のロイヤリティ

・60,000人参加の大規模ストックフォト

 

『フォトライブラリー』の悪い評判・口コミ、トラブルは?

『フォトライブラリー』のネガティブな評判・口コミにはこのようなものがありました。

写真が売れない

「『フォトライブラリー』って他のストックフォトより売れない」という評判・口コミを見つけました。

「PIXTA」や「Adobe Stock」などの最大手のストックフォトサービスとくらべると、

『フォトライブラリー』は中堅のストックフォトですので、規模や販売数では少し見劣りがします。

しかし、『フォトライブラリー』はロイヤリティや販売価格の自己設定など販売に有利な条件がありますので、収益を伸ばせる可能性があります。

支払日が遅い

「『フォトライブラリー』って振込日遠くない?」という評判・口コミが寄せられています。

『フォトライブラリー』の報酬振込日は、「月末締めの翌々月25日の支払い」です。月初めに写真が売れたとしたら、報酬の振り込みまで3ヵ月近くかかることになります。

他のサービスでは遅くとも翌々月の15日払いのところが多いですので、『フォトライブラリー』の支払いは少し遅いとも言えます。

 

『フォトライブラリー』の良い評判・口コミ

『フォトライブラリー』のポジティブな評判・口コミも多く見受けられましたので紹介します。

自分で販売価格を決められる

「『フォトライブラリー』って自分で写真の値段を決められるからうれしい」という評判・口コミを見つけました。

『フォトライブラリー』では写真の価格をサイズごとに自由に設定することができます。

「一般」のユーザーで、100円からLサイズ4000円までの範囲を100円単位で自分の好きな価格をつけることが可能です。

「どれくらいの価格にすれば購入が増えるのか」を自分で試すことができるので、販売にやりがいが出てきます。

独占契約がある

「『フォトライブラリー』で独占契約したら報酬が増えたよ!」という評判・口コミがあります。

『フォトライブラリー』でだけ写真を販売する人を「独占契約」としてロイヤリティで優遇しています。

【「一般」と「独占」のロイヤリティの違い】

・一般のお支払い率⇒35%

・独占のお支払い率⇒50%

 

例えば写真が1,000円で売れたとして、販売者に入るロイヤリティ(報酬)が「一般」では350円。

「独占」では500円になるということですので、けっこう大きな差になります。

「独占」はたしかに好条件ですが気を付けなければならないのは、写真の内容に関係なく他のストックフォト等のサイトでの写真販売が一切できない契約になるということです。

ランクが上がる

「『フォトライブラリー』でシルバーランクになってロイヤリティが上がった!」という評判・口コミが寄せられています。・

『フォトライブラリー』では過去の販売回数によりランク分けをして、ランクごとにロイヤリティを変えています。売り上げに貢献した販売者をより優遇するためのシステムです。

がんばって販売数を増やせば、ロイヤリティも増えて収益が加速していく仕組みになっています。

【『フォトライブラリー』ランク別報酬率】

ランク/販売回数(過去1年)/お支払い率

ブロンズ/1~100/50%

シルバー/101~200/55%

ゴールド/201~400/60%

プラチナ/401~600/63%

ダイヤモンド/601~/65%

ここで注意して頂きたいのは「販売回数」が販売開始からの蓄積ではなく、過去1年間での販売実績だということです。

継続的な販売実績がないとランクを維持するのは難しくなっています。

『フォトライブラリー』利用者体験談

30代男性Aさん「1ヵ月の報酬額2,000~5,000円」

会社の給料が安いんで、いろんな副業をやっています。ストックフォトもその一つです。

始めてから3年くらいでしょうか。

「写真を撮って登録しておけば、勝手に写真が売れて報酬が入る」なんて軽い気持ちでやり始めたんですけど、いや~そんな甘いもんじゃないすね。

やはりみんな参入してすぐにそこに気づくので、早くやめちゃう人が多いんですよ。

ですが、ストックフォトの良いところは写真が蓄積していくところなんですね。

たしかに売れる写真と売れない写真に分かれますが、例えば1,000枚写真を登録して1,000円の売り上げだったとすれば、同じクオリティでもう1,000枚登録すれば2,000円くらいにはなる可能性が高い。

まあ例え話ですけどね、月によりかなり変動がありますので。

ストックフォトはすごい芸術的な写真が売れる写真っていうことでもないんで、オレみたいに愚直にやっていける人間には向いていてる副業だと思いますよ。

『フォトライブラリー』では、独占ではなく一般でやってます。

他のストックフォトでも登録していますので。『フォトライブラリー』の良いところはやはり高いロイヤリティですね。

1枚売れたときの報酬が高いですよ。販売価格を動かせるってのも気に入ってます。

ストックフォトではそういう裁量がまったくないのが普通ですからね。

『フォトライブラリー』を利用する上での注意点

「独占」の契約はたしかに魅力的ですが、『フォトライブラリー』で登録していない写真であっても、他ストックフォトやサイトでは写真の販売が一切できなくなります。

それを踏まえて、慎重に判断するべきでしょう。

まとめ

今回は『フォトライブラリー』についてお伝えしました。

『フォトライブラリー』は、「PIXTA」などの世界的な展開をしているストックフォトより少し規模は小さいです。

日本企業ならではの購入者・販売者へのきめ細かいフォローが『フォトライブラリー』の良さと言えます。

 

価格決定権やロイヤリティの高さは、『フォトライブラリー』の販売者を優遇する姿勢の表れです。

日本企業である『フォトライブラリー』のサイトや管理画面は、外国企業にありがちな不自然な翻訳文などはなく、日本人にとって使いやすいものになっています。

『フォトライブラリー』はこれから副業としてストックフォトを始めるならぜひ登録すべきサービスです。