【経験者談】LINEスタンプ副業は稼げる?経験者の事例【月3万】

副業に興味のある方の中でも、

 

「趣味の延長で働きたい」
「好きなことを仕事にしたい」
「仕事や育児が忙しいから、好きな時間に働きたい」

 

と言った声をお持ちの方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたい副業が、「ラインスタンプ制作」です。

 

特別な資格や経験は一切不要。決められた期日も無いので、完全に自分のペースで進めることが可能です。

しかし、未経験だとハードルが高く感じるかもしれません。最初の一歩が踏み出しにくい未知の分野でしょう。

本記事では、ラインスタンプ制作の概要・基本情報から作り方の手順・稼ぎ方を紹介します。

現在副業を検討されている人やラインスタンプ制作に興味がある人はぜひ、ご一読ください。

15個の超人気趣味で副収入を稼ぐ具体的な方法・手段 

ラインスタンプ制作の概要・基本情報

収入  ★★★☆☆
難易度 ★★★☆☆
安全性 ★★★★★

LINEクリエイターズスタンプとは、企業や個人が自由にスタンプを作り、販売することのできるサービスのことです。

どなたでも簡単に始めることができるため、「絵を描くことが好き」「空き時間を活用して働きたい」という人であれば、楽しく働くことができるでしょう。

 

稼げるようになるまでは少し時間がかかるものの、ヒット作品を生み出せば、月10万円以上稼ぐことも!

コツコツ地道に取り組むことに抵抗が無い人におすすめの副業だと言えるでしょう。

ラインスタンプ制作の方法・手順

一見、難しそうに感じるラインスタンプ作りですが、慣れれば案外簡単。

パソコン操作が得意な人であれば、公式ガイドラインを読むだけでサクサクと作ることができるでしょう。

あまり自身が無い方はインターネットや関連書籍で調べつつ、気長に進めるのがおすすめです。

 

作り方は以下の通り。

①紙に元となるイラストを描く。
②パソコンの「Windowsペイント」や「スキャンスタンプ」を利用し、下書きを元にスマホカメラで写真撮影。
③撮った写真をスマホからパソコンへ送り、写真の背景を透明化。(スマホで背景透明化アプリを利用も可)
④画像をトリミング。
⑤「スタンバーズ」とシュミレーションして確認する。
⑥「LINE creators Market」にクリエイターアカウントを作る。
⑦スタンプのタイトルやコメント説明を入力。
⑧申請をする。
⑨無事通ればLINE creators Marketで販売可能。

「Stampers(スタンパーズ)」:LINEスタンプ検索サイト。約8500種類のクリエイタースタンプを検索できる。LINE Creators Market出品のスタンプを紹介することもできる。

スタンプは8個から、以降、8個単位で最大40個1セットで販売可能。

慣れるまでは少ない数で制作することをおすすめします!とは言え、やはり数が多い方が見栄えが良いので慣れてきたら40個1セットのスタンプ制作にチャレンジしてみましょう!

スマホカメラ副業におすすめの写真販売アプリ

【写真版フリマ】Snapmartの評判・口コミまとめ

【写真好き必見】『写真関連』の副業求人案件一覧

ラインスタンプ制作にかかる時間!向いている人は?

ラインスタンプ制作にかかる時間は個人差はあるものの、1セット10時間が平均です。

例えば、主婦であれば子供が保育園に行っている間に1日2時間作業して5日

会社員だと、土日に集中して1日5時間作業をすれば、2日で完成します

 

「いつまでに!」と決められた期日が無いため、自分のスケジュールに合わせて働くことができますよ。

極論、1ヵ月じっくりかけて、制作・・・でも問題はありません。パソコンさえあれば、場所を選ばず作業ができるので、空き時間を活用して働きたい人には最適な副業ですね。

一番時間がかかるのは審査で、短くても1ヵ月はかかるんだそう。

長いと半年以上も審査に時間を取られるとのことなので、「今すぐお金がほしい!」という人には不向きな副業かもしれません。

【スキマ時間だけ!】スキマ副業の求人案件一覧

【在宅のみ】在宅副業の求人案件一覧

ラインスタンプ制作の収入は?どれくらい稼げるのか

報酬は売上の35%。

1つ200円のスタンプが1個売れると70円。10個売れると700円が収入に。売れた個数に比例して収入も上がります。

1つのスタンプを販売して、月3000円手元に入ると良い方です。

月10万円以上稼ぐ人は100個以上のスタンプをリリースしているとのこと。

地道にコツコツと取り組み、稼ぐ基盤を作っていくと、安定した収入を得ることができますよ。

ラインスタンプ制作を始める際の注意点

ラインスタンプ制作を始める際の注意点は以下の通り。

①根気強く取り組む

制作したスタンプが最初から大ヒットするというのは非常に稀なことです。

始めは趣味の延長で楽しみながら、徐々に稼げたら良い!くらいの気持ちで根気強く取り組むことが大切です。

また、売れるスタンプを作るためには、ニーズがあるスタンプの研究は必須!ランキング上位のスタンプを参考に、どんなスタンプが売れるのかなど調べましょう。

➁審査に通りやすいスタンプ作りを

所謂パクり作品やアダルト要素を含む作品は審査を通りにくい傾向があります。

素早く審査を通すためにも、健全かつオリジナルの作品を作ることに注力しましょう。

③画像のサイズや透過に注意

慣れるまではサイズの設定や透過に苦労することも!

多くの初心者がつまずくポイントなので、事前にインターネットや関連書籍で下調べを行っておくと良いでしょう。

最近では、ラインスタンプが簡単に作れるスマートフォンアプリもあるので、そういったツールを活用するのも1つの手です。

ラインスタンプ制作で稼ぐコツ

ラインスタンプ制作で稼ぐためには、とにかく数を打つことが大切です。

数をこなすことで、どんなスタンプが人気なのか、ニーズがあるのかなどが掴めてきます。

人気が出たスタンプはシリーズ化することで、安定した収入を得ることができるでしょう。

他にも、名前が入ったスタンプや季節に応じたスタンプもおすすめ!季節に応じたスタンプは販売したい月から審査などにかかる日数を逆算して制作に取り組むのがポイントです。

まとめ

コミュニケーションアプリ「ライン」で利用できる、ラインスタンプ。

自社オリジナルのラインスタンプを発行する企業も増え、スタンプを見ない日は無い・・・と言っても過言ではありません。

ラインスタンプ制作では、販売までに時間がかかる。

すぐに安定した収入を得ることができないなどといったデメリットがありました。

 

しかし、それ以上に、好きな時間に自分のペースで作業を進めることができる数をこなし、当たれば月10万円以上稼げるといったメリットに注目すべきでしょう。

特別な知識や経験は不要。厳しい服飾規定などありません。

趣味の延長で働きたい人や自分のペースでのんびりと働きたい人におすすめです。

この機会に「ラインスタンプ制作」を検討してみてはいかがでしょうか。