【違法】警察官の副業!公務員の執筆副業が問題となった理由

2019年1月11日、警察官が副業を通じて執筆料を受け取っていたことが判明し、公務員法により違法であったことが判明しました。

公務員の副業が解禁される時代が訪れようとしていますが、副業をする際には『最低限守るべきこと』があります。

そこで、本記事では今回のニュースの解説と共に、改めて公務員の副業において気を付けるべきことを解説していきます。

西日本新聞:『36警官が1年超毎月執筆料 58カ月、月額137万円も 識者「違法な副業明らか」』

警察官が副業で違法な執筆料を受け取っていた

2019年1月11日、副業許可を受けていない警察官が、承認試験の対策問題集を出版する「EDU-COM」(東京)から不正に原稿執料を受け取っていたことがニュースになりました。

同社は、OBも含めて全国で合計警察官467人に、原稿執筆料として計1億円超を支払っていたとのことです。

中には、4年10か月にわたって月の最高額137万円に達する報酬を受け取っていた方もいることがわかり、公務員に対する副業規制の是非が問われる出来事となっています。

警察官の執筆での副業が違法となった理由

なぜ今回取り上げられた警察官の執筆副業が違法となったのでしょうか?

順に解説していきます。

任命権者の許可を得ていなかった

一つ目に、副業許可を得ていなかったことが挙げられます。

本来、公務員は公務員法により営利活動を禁止されておりますが、上長の許可さえあれば可能になる副業がいくつかあります。

つまり、それは公務員の副業は上長の許可が必須であることを意味しています。

今回の一件はその大前提を守っていなかったのです。

公務員でも許可さえあれば可能になる副業を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

👉公務員の副業が許可される時代を徹底解説

公務に支障が出ていた可能性がある

本業である警察官の業務に支障出ていた可能性があるからです。

「本業に支障をきたさない範囲で行う」ルールは、公務員だけでなく、一般企業で働く会社員においても当然守るべきルールです。

増え続ける副業解禁企業でも、ほとんどの企業において許可を必要とするルールを定めているのも、本業への支障を懸念しているためです。

今回の一件では、月137万円の執筆料を受け取っていた警察官がいたことが判明しているので、公務に影響が出ていない可能性は低いと考えられます。

西日本新聞:『36警官が1年超毎月執筆料 58カ月、月額137万円も 識者「違法な副業明らか」』

社会貢献×スキルアップ「プロボノ」という働き方

公務員は原則、営利活動ができません。(一部認められている副業一覧

しかし、営利を目的とせず、社会貢献が実現できる「プロボノ」という働き方があります。

「プロボノ」とは、自分の専門的スキルを活かして結果を出すことを目的とした社会貢献活動です。

公務以外の仕事を通じて、スキルアップや人脈づくりをしておきたい公務員には、最適な働き方かもしれません。

👉【実例集】プロボノ!スキル活かせるボランティア

詳しくは、上記のプロボノ実践者による事例を集めた記事を参考にしてみてください。

 

他にも、ボランティアやNPO活動の副業としての扱われ方が気になる方は、

以下の関連記事を参考にしてみてください。

👉NPOで副業は可能?副業規定と事例の解説
👉ボランティアと副業の違い!有償で謝礼はOK?

👉【事例集】パラレルキャリアと副業の違い
👉「パラレルワーク」キャリアを築く事例

要チェック!公務員の副業には税金知識が欠かせない

公務員の副業解禁が進んでいますが、副業を始める際は、

どんな人でも税金に関する知識をある程度持っておくべきでしょう。

申請許可を出すときなどに困ることのないよう、以下の記事をチェックしておきましょう。

👉副業の税金に関わる対策と知識のまとめ
👉【雑所得(事業所得)編】会社に副業がバレない方法
👉【給与所得編】会社に副業がバレない方法

民間企業への転職も視野に入れておくべき理由

上述したように、公務員はあくまで国に奉仕する立場であり、会社員と比べて営利活動とみなされる副業は行いずらいです。

公務員の副業規制は徐々に解禁されつつありますが、そう簡単に環境が整うことはありません。

副業による副収入が大きくなり、公務員としての働き方が弊害となった場合は、民間企業への転職、もしくはフリーランスとして働く選択肢も視野に入れておきましょう。

AI・ロボットの技術が急成長する現在、公務員は必ずしも、安泰と言える立場ではなくなっています。

「公務員として」の働き方に留まらずに、キャリア計画を立てていくことが大切です。

👉【業界別】テレワーク導入企業の実例から学ぶ「成功法」とは?
👉【海外移住】フリーランスで暮らす方法!メリットとデメリットも紹介
👉目指せフリーランス!将来独立したい会社員におすすめの副業
👉クラウドテックの評判まとめ【フリーランス案件紹介】
👉フリーランスエージェントのおすすめ7選を比較分析

まとめ

警察官の執筆による違法な副業ニュースの事例を参考に、公務員の副業において「守るべきルール」を再確認しました。

警察官に限らず、原則公務のみに従事することが法で定められている公務員にとって、副業解禁の流れはポジティブに受け取れますが、

反対に、行う際はより慎重にならなければいけないことがわかりました。

「任命権者の許可」「本業に支障をきたさない」

最低でもこの2点の注意事項をしっかりと把握しておきましょう。