【詐欺注意】スマホ副業の危険性

スマホ副業の危険性・詐欺を見破る簡単な方法|もう騙されない!【詐欺注意】

副業に興味はあるが、どこかネガティブなイメージを持っている人もいるでしょう。

それもそのはず。副業ができるサービスの中には、悪質で危険なものがまだまだたくさんあります。

「働き方改革」で副業が推進されているとはいえ、副業ができる環境が十分整っていない今、

「副収入を稼ぎたい人」をターゲットに様々な方法をお金をだまし取ろうとしているのです。

そこで今回は、

「お金を騙し取られたくない…」
「将来に響くような副業は避けたい…」
「会社での人間関係に支障を出したくない…」

といった心配の声を解決するため、

「スマホ副業」の危険性を解説&危険なサービスを見極める方法を解説していきます。

詐欺広告「在宅スマホ副業で20万円稼げます」に要注意

まず始めに、実際に起きた詐欺事例を紹介します。

2019年2月13日、東京・渋谷区の株式会社トップは、「在宅スマホ副業で20万円稼げます」という宣伝を利用して集めた消費者に対して、

「SNSに多くの投稿ができて、フォロワーがたくさんつくので、簡単にもうかるマニュアルが売れて稼げる」

と言った嘘の謳い文句で、インスタグラムで自動投稿をするシステムの契約をさせたニュースが公表されました。

既に、消費者庁から注意喚起がされておりますが、既に多くの被害者が生れているとのこと。

「副業は簡単ではない」と理解はしていても、「できるだけ簡単な副業で高収入を稼ぎたい!」という本音に付け入る悪質な詐欺です。

参考:テレ朝NEWS『「スマホで20万円稼げる」 副業サイトの会社に注意』

「騙される方がおかしい」と油断してはいけない

上記の副業詐欺ニュースに対して

・普通に考えたら怪しい
・引っ掛かる人の方に疑問を感じる

と言った「被害者を問題視する」コメントが書き込まれています。

もちろん、そういった考えが生まれるのは仕方がないことかもしれません。

しかし、「被害を受けた当事者」も同じように「副業詐欺なんかに騙されるわけない」と思っていた可能性があります。

明らかにおかしいと感じる宣伝文句ではありますが、

・生活が苦しく精神的に追い込まれている
・親しい友人に紹介された

など、誰でも起こり得る状況のせいで、思いもよらず騙されてしまうリスクがあることを覚えておきましょう。

危険なスマホ副業を見破れ!「疑う力」を鍛える方法

それではさっそく、危険なスマホ副業と安心して利用できるスマホ副業を見極める方法を紹介します。

見破る大切なポイントは「あれっおかしくない?」と疑う力です。

適切に情報を取捨選択できる能力(ネットリテラシーと呼ばれる)さえあれば、危険な副業を見破りやすくなるでしょう。

では、どうやって「疑う力」を鍛えるのかを解説していきます。

・「不透明さ」を見破る
曖昧な情報記載は要注意!

・「過剰な広告」を見破る
「稼げる」と言い切る広告は要注意!

・「システム欠陥」を見破る
現金受け取りまでの高いハードルに要注意!

各方法を順に解説していきます。

「不透明さ」のスマホ副業詐欺を見破る

「不透明さ」があることを見破るのが最も重要な詐欺対策かもしれません。

なぜなら、この力が不足している人が非常に多いからです。

また、スマホを利用する場合、

・簡単にダウンロードできるアプリ
・一瞬で検索表示されるサイトページ

あまりの手軽さ・素早さから、「すぐに行動に移せる」ため、思いがけず「不透明さ」を見逃してしまいます。

PCよりも慎重になるべきなのです。

では、「不透明さ」の具体例を挙げていきます。

・現金受け取りまでの手順が明確に説明されていない
・サービス内容が明確に説明されていない
・運営元が記載されていない
(企業名/場所/代表者/資本金など)

この中でも特に、現金受け取り手順の説明が曖昧であるパターンは多いです。

例えば、「振込日」「振込元」が書いていないことが挙げられます。

安心して利用できるサービスには必ず、「現金を受け取る手順が明確に記載」されています。

そして、「問い合わせ」「Q&A」などが設けられており、お金に関する疑問は詳しく説明されています。

最低でも、すぐに(遅くても数日で)返答が返ってくる「お問い合わせ先」が記載されています。

つまり、どう頑張っても「お金が手元に届くまでの手順が理解できないサイト」は完全に悪質で危険なサービスです。

 

他にも、「実際に何をしたらお金が稼げるか」という情報についても同様に考えて良いでしょう。

「いくら探しても運営元が載っていないサイト」も身元を隠していると受け取れます。詐欺の危険が高くなるので、この点も、気を付けておきましょう。

 

過剰な広告」のスマホ副業詐欺を見破る

不透明なことを見破ることができたら、危険なサービスはかなり見破りやすくなります。

しかし、そもそも「危険な副業サイト・アプリ」を開いてしまう原因である「過剰な宣伝文句(広告)」を見破る必要もあります。

過剰な宣伝の例は以下の通りです。

・たった10分で1,000円稼げます
・1週間で借金完済しませんか?
・登録するだけで2万円稼げるチャンス
・スキル一切不要!クリックするだけで5,000円!

なんとなくおかしい部分に気づきませんか?簡単にまとめると、

・「稼げます」「簡単です」などの断言フレーズは要注意!
・「やることが不明」なフレーズは要注意!
・「○○するだけで」に要注意!
・「スキル不要」「知識不要」に要注意!

金額を疑うことはもちろんですが、その上で、最低限この4つを覚えておきましょう。

そもそも、「稼げるかどうか」「どれくらい稼げるのか」は本人の力量・仕事量次第です。

親切なサービスは『○○ができる方は、○○日で○○~○○円稼げる可能性があります』というように、

稼ぐ条件を記載するはずです。

また、スキル・知識なしで高報酬が得られることはまずありません。

どんなビジネスも、提供する価値の大きさに見合った対価しか受け取れないのは鉄則です。

 

繰り返しになりますが、

広告を目にする際は「断言」「○○だけで」「○○不要!」に反応する癖をつけておきましょう。

「システム欠陥」のスマホ副業詐欺を見破る

過剰な宣伝で疑いを持ち、記載情報で不透明さを確認できれば、ほぼ間違いなく危険であることはわかるはずです。

しかし、他にも副業詐欺を見破る「システム欠陥」を見破るポイントを知っておきましょう。

システム欠陥があるサイトは、管理体制が甘く、信頼性が低いサービスである可能性が高いです。

例えば、

・ボタンをクリックできない(反応が悪い)
・ページが読み込めない

などです。

他にも、そもそも設定されているルールがおかしい場合もあります。

代表的なスマホ副業であるポイントサイトに多い詐欺サービスの特徴は、

・最低換金額が高すぎる

システムになっていることです。

換金できるようにポイントを貯めるためにかかる時間が、ポイント有効期限より明らかに長いこともあり得ます。

システム自体の不親切さを疑い、悪質さを見破る習慣を付けましょう。

「評判・口コミ検索」で危険なスマホ副業を見破る

宣伝文句の過剰さ、情報の不透明さ、システムの不親切さを、見破ろうと意識していれば、

高い確率で危険なサービスを見極めることができるでしょう。

しかし、その上での疑いを確信に変えるためにリサーチをする方法も覚えておきましょう。

有効な方法は、

「(サービス名) 評価」
「(サービス名) 口コミ」
「(サービス名) 危険」

と、Googleで検索する方法です。

検索上位に表示されるサイトを2~3ページチェックすれば、そのサイトの危険性はすぐに把握できるはずです。

また、Yahoo!知恵袋で検索する方法も有効です。

実際に、同じサービスで詐欺被害にあった個人が情報を書き込んでいる場合が多いと思います。

知人・友人の力を借りて、危険なスマホ副業を見破る

これまで様々な方法で、危険な副業サービスを見破る方法を紹介してきましたが、

すべて「自分視点」で考えながら行う方法です。自分だけでは不安である人も多いでしょう。

そのため、「第三者視点」からの意見・サポートを貰う方法も非常に有効です。

もし自分がネット利用に慣れておらず、怪しい情報を見破ることが難しいかもと感じる方は、

身の回りの「インターネットが得意な人」を探しましょう。

・物知りな人
・新しいもの好きな人
・批判的な意見が多い人
(本質を見抜ける人)

あくまで参考ですが、上記の特徴を持つ人は、ネット情報の信憑性を見破ることに長けている可能性が高いです。

自分で見破る力を身に付けるのが一番ですが、困ったら連絡できる頼れる助っ人を見つけておくのも大切です。

その人の意見を聞き、学べることも多いかもしれません。

スマホ副業詐欺に遭いそうな人に「見破る方法」を教える

友人・知人、家族(親族)、恋人。周りには、副業詐欺に騙されてしまいそうな人はいませんか?

大切な人を守るためにも、「危険な副業サービス」を見破る方法は役に立ちます。

特に、両親や祖父母などの親族には、スマホ利用に慣れていない(不得意な)人が多いです。

できるだけ、本記事で説明した「危険な副業サービス」を見破る方法を分かりやすく教えてあげてください。

「教えることで知識が定着」し、自分のためにもなるので一石二鳥です。

まとめ

在宅スマホ副業の詐欺ニュースの紹介をした上で、

・「騙される方がおかしい」と油断してはいけない
・曖昧な情報から「不透明さ」を見破る
・要注意フレーズから「過剰な広告」を見破る
・操作不良/不親切から「システム欠陥」を見破る
・「評判・口コミ検索」で見破る
・「知人・友人の力」を借りて、見破る
・「見破る方法」を周りに教える

危険なスマホ副業サービスを見破る7つのポイントを解説しました。

最後に、繰り返しになりますが、

スマホの素早く・手軽である便利さが慎重さを奪う可能性があることを頭に入れておきましょう。

また、アプリしかり、サイトしかり、危険なサービスに溢れていることを覚えておいてください。

適切な情報の取捨選択能力を鍛えることが、今のネット社会を生き抜く鍵になります。

【詐欺注意】スマホ副業の危険性