プラットイン 短時間運転集求人サービス

3時間・1日限定の運転手募集ができる求人サイト【プラットイン】

ITスタートアップ企業のプラットインは、3月に短時間の配送業務特化型求人サイトを立ち上げる予定です。

主婦・副業をしたいトラック運転手を中心に、「配送ができる人」を「人手が足りない物流業界」につなげる役割が期待できます。

短時間の配送業務特化型求人サイトが持つ特徴

プラットインが手掛ける求人サイトの特徴は以下の通り。

・3時間/1日限りの案件
・企業は1か月5,000円から求人掲載可能
・個人は会社と契約を結んで働く
・個人は会社が許可を得た車両を利用する

 

上記4つの特徴があるようです。

 

3時間・1日単位で始められるため、スキマ時間の有効活用ができそうです。

また、単発アルバイトのような働き方ができるかもしれません。

 

Uber Eatsデリバリ―の人気・注目が上がる中、同じように配送業務を個人が代わりに行うモデルは増えていくでしょう。

 

集客力が弱い、もしくは個人を探す独自のプラットフォームを持たない企業であれば、この求人サイトを利用したくなるはずです。

配送業務特化型求人サイトをリリースする『プラットイン』の他サービス

配送業務特化型求人サイトをリリースする『プラットイン』は、他にどのようなサービスをしているのでしょうか?

 

公式HPには、以下のサービスが掲載されています。

 

採用サイト制作
日本一採用サイトを分析している会社だからできるWeb制作

採用バーティカルメディア制作
業界初の採用分野特化型のバーティカルメディア受託制作

採用支援
中途向け人材紹介・新卒採用コンサルティング・各種求人広告など提供

採用(企業)ツール制作
企業HP・採用パンフレット・合説ツール・動画など各種ツール制作

転職・転職支援
求職者向け就職・転職支援サービス

プラットフォームサービス
日本最大級の採用サイトをまとめたメディア「求人カタログ」を展開

すべて採用に関わるサービスです。

 

今回の物流特化型の求人サイトは、「採用」要素こそ含みますが、新たな領域でのビジネス展開に思われます。

プラットインの社長である高田隼渡さんは、2009年に運送会社を設立した経歴があるようなので、ノウハウ/経験を活かせるのでしょう。

2019年3月~4月α版サービス開始予定

依然として解決の見えない物流業界の人材不足問題。

プラットインの新サービスは、その問題を解決できるサービスとなるかもしれません。

プラットイン公式HPでは、2019年3月~4月α版開始と記載されています。

今後の動きに注目です。

プラットイン 短時間運転集求人サービス