カゴメ副業解禁

カゴメ副業解禁|月45時間以下・正社員/契約社員対象・健康確保

カゴメの副業解禁が報道されました。(2019年3月27日公表)

月45時間の上限
正社員/
契約社員対象
直近1年間の労働時間が1900時間未満の条件

必要に応じて保健師面談可能
(健康確保が狙い)

新規事業の立案やアイデア創出

上記の特徴をまとめて解説していきます。

カゴメ副業解禁制度の概要

2019年3月27日、カゴメは社員向けに副業容認制度を公表しました。

特徴は以下の通りです。

 

・2019年4月から制度開始
全正社員の4分の1が対象になる
・月45時間の上限
・正社員/契約社員対象
・直近1年間の労働時間が1900時間未満の条件
・必要に応じて保健師面談(健康確保が狙い)
・新規事業の立案やアイデア創出

 

カゴメの正社員数は2500人程度なので、およそ600人が対象となります。

 

他副業解禁企業と比べて特徴的なのは、「保健師面談」を必要に応じて受けてもらう制度であること。

 

面談の要件に関する詳細はありませんが、「無理な副業による社員の健康状態悪化」を懸念しているのでしょう。

副業による本業への支障が問題視される中、カゴメ独自のリスク対策として、他企業も参考できるはずです。

 

参考:日本経済新聞『カゴメ、副業容認の概要公表 』

カゴメの副業解禁が他企業と異なる点

カゴメの副業解禁が他企業と異なる点

 

必要に応じて「保健師と面談」を受けてもらう

 

ことになっている点です。(社員の健康確保が狙い

 

これまでに副業解禁をしてきた企業の多くは、

「本業に支障がでない範囲」というルールを設けているか、「副業の内容/所要時間等」の報告義務によって対策をしていました。

 

一方で、今回カゴメが取り入れる「保健師との面談」は、新しい切り口からのアプローチです。

 

※「保健師との面談」に関する詳細は公表されていません。(2019年4月2日時点)

カゴメ以外の副業解禁済み企業一覧

カゴメの副業解禁以前に、既に副業解禁をしていた企業をまとめてみました。

2019年版|副業解禁企業の事例集

 

 

公表された副業制度の内容は、企業によって様々な特徴があります。

 

事業の特性、ブランディング、現在の社員の働き方など、あらゆる観点を考慮した内容となっており、

各企業の違いから読み取れることは多いでしょう。

副業解禁のメリット・デメリット【企業視点】

副業解禁によって企業側に生まれるメリット7つは以下の通りです。

 

・優秀な人材を留まらせられる
・優秀な人材を集めやすくなる
・社員の主体性を高められる
・社員の不満を軽減させられる
・スキル・知識の還元を期待できる
・企業ブランディングができる
・イノベーション創出が期待できる

 

一方で、副業解禁によって企業側に生まれるデメリット4つは以下のようなものになります。

 

・情報漏えいの可能性が増える
・本業への支障が増える可能性がある
・労働時間管理が難しくなる
・社員同士の関係が悪化する可能性がある

 

各メリット・デメリットの具体例/解説

副業解禁のメリット・デメリット【個人視点】

また、副業解禁企業で働く社員のメリット・デメリットを紹介します。

最初に社員のメリットは以下の通りです。

 

・収入源が増える
・人脈を広げられる
・本業のスキルを活かせる
・新しいスキルを習得できる
・定年がなくなる
・挑戦しやすい
・経営スキルを磨ける
・計画力が磨ける
・タイムマネジメント力が磨ける
・隠れた才能を見つけられる

 

社員のデメリットは以下の通りです。

 

・収入源が増える
・人脈を広げられる
・本業のスキルを活かせる
・新しいスキルを習得できる
・定年がなくなる
・挑戦しやすい
・経営スキルを磨ける
・計画力が磨ける
・タイムマネジメント力が磨ける
・隠れた才能を見つけられる

 

合計17項目の具体例/解説は以下の記事で記載しています。

副業解禁による社員のメリット10個&デメリット7個

まとめ

カゴメの副業容認制度が今後どのような影響を与えていくのでしょうか。

特に保健師との面談がどのように作用するかは注目です。

今後、同じような制度を用いて副業解禁を発表する企業も現れるかもしれません。

カゴメ副業解禁